INTERVIEW

社員紹介

知らないからできないと
決めつけるのはもったいない

住宅事業部門 / リノベーション事業部

髙橋 亜弥

中古物件をコーディネートするのが楽しそう

リノベーション事業部では、マンションの中古物件を仕入れて、コーディネートし、リノベーションして再販するという業務をしています。
前職も住宅関係の仕事をしていたので、営業職で転職を考えていましたが、採用担当者に、私の経歴を見て、リモデリングの仕事の方が合うのではと提案されました。最初はできるのかなと不安でしたが、お客様の要望を聞いて工事を進めるという前職の経験から、チャレンジしてみたい、さらには物件をコーディネートするのは楽しそう、面白そうと思い、入社しました。

関わる人みんながWIN-WINに

仕入れた物件は、現場で工事業者さん、営業さんとリノベーションの方向性を打ち合わせします。概要が決まったら、図面を作成し工事に入ります。
リノベーションは、どのような方がご購入されて、どのような方が住まわれるのか、立地の住宅環境などからターゲットを想定して間取り、設備の素材やカラー、照明などのインテリアをイメージして創り上げています。また、工事が終わったら家具を選んで配置するホームステージングもしています。
限られた予算内で、どのようにリノベーションしていくかを考え、関わる人みんながWIN-WINになるような住まいを創り上げていきたいと心掛けています。

「Re CASARE」を追求していきたい

今は、同時に10件ほどの物件を受け持っているので、オフィスワークというよりも現場へ出ている方が多くなっています。外出の合間にインテリアメーカーさんのショールームをまわって情報収集することもあります。現場では、最初に気づかなかった細かい点を工事業者さんと打ち合わせして、「ここ、どうにかなりませんか?」と相談しながら進め、マンションの外観は古くても、玄関を開けると新築マンションと見間違えるぐらいに素敵な住まいにすることにこだわって仕事をしています。
今後は、アートプランニングがリノベーションした中古物件はこんなイメージというものを造り、リノベーションブランドである「Re CASARE」を追求していきたいですね。

できないと決めつけるのはもったいない

学生時代に専門分野ではありませんでしたが、色彩検定の資格を取得したことをきっかけにインテリアなどに興味を持ち始めました。住宅や建築のことに携わったことがないからできないと決めつけるのはもったいないと思うので、興味がある方は、ぜひこの仕事にチャレンジしてほしいです。
私もまだまだインテリアや建築関係のことについて勉強中ですが、入社後にインテリアコーディネーターの資格取得にチャレンジして、無事に合格することができました。資格手当がもらえるので、給料日が楽しみです。
人を大切にする、人想いの会社で、社員だけではなく、工事業者さん、営業さんなどいろいろな人が思いやりを持って接してくれ、安心して働ける環境だと思います。

本ページの情報は、2020年2月現在の情報です。

社員紹介

社員紹介1

将来、街のランドマークとなるような
マンションを創りたい

住宅事業部門 / マンション事業部開発事業推進部

尊敬している上司がいて、1日でもはやくできるだけ追いつきたいと思っています。そのため、今は上司の仕事ぶりをそのまま全て真似ることから始めています。

社員紹介を見る

関係を深めて、信用を得ていく

住宅事業部門 /リノベーション事業部

わからないことがあれば、些細な事でも上司や先輩に聞くようにしています。経験や実績が豊富な先輩と自分との答え合わせを繰り返すことで、正しい判断ができるようになると考えています。

社員紹介を見る

社員紹介2
社員紹介3

知らないからできないと
決めつけるのはもったいない

住宅事業部門 / リノベーション事業部

住宅や建築のことに携わったことがないからできないと決めつけるのはもったいないと思うので、興味がある方は、ぜひこの仕事にチャレンジしてほしいです。

社員紹介を見る