INTERVIEW

社員紹介

関係を深めて、信用を得ていく

住宅事業部門 / リノベーション事業部

青野 裕平

チームで仕事をしていく中で成長

不動産業界で大きなスケールの取引をしていきたいという想いで入社しました。何社か面接を受けたのですが、他社では、個人の成績やノルマが重視され、しっかり仕事を教えてもらえるのかな?という不安がありました。アートプランニングは、組織で仕事をしており、上司や先輩から丁寧に仕事を教えてもらいながら成長していけるというイメージができました。

信頼関係を深め、チームに貢献することが目標

リノベーション事業部で、優良な中古マンションを仕入れる業務を担当しています。仲介業者さんなどから中古物件をご紹介いただき、リノベーションした後、改めて、仲介業者さんに売却依頼をするという仕事です。入社後は、上司や先輩に同行して、仲介業者さんなどをまわりながら、仕事の流れを覚えていきます。徐々に、一人で仲介業者さんに訪問して、情報の交換やご担当者と信頼関係を深めていくことをしています。
早く一人前になって先輩に追いつけるよう今は頑張っています。

いろいろな可能性を切り開く

わからないことがあれば、些細な事でも上司や先輩に聞くようにしています。経験や実績が豊富な先輩と自分との答え合わせを繰り返すことで、正しい判断ができるようになると考えています。
物件の仕入れは、仲介業者さんからご紹介いただき、売主さんの希望する売値、築年数や立地などを精査し、リノベーション費用を考慮して、仕入れるかどうかを判断しますが、エリアによっては売買の相場などが分からないということもあります。物件を仕入れるか否かの判断に迷う場合は、いろいろな角度から戦略的に売買できる可能性を見つけ出せるようにしています。想いを込めてリノベーションした物件が、お客様にご購入いただけたらすごくうれしいです。
チームで仕事を進めているので、自分だけの判断ではなく多くの意見をいただけるので、自信をもって物件を担当することができます。

知名度が高く仕事がしやすい会社

アートプランニングはとても雰囲気のいい職場なので、入社して1週間で、この会社ならやっていけそうと感じました。
リノベーションは、2~3ヶ月で1物件の業務が終わり、また新しい物件を担当します。物件はそれぞれに個性があり、多くの経験をすることができるのでとても勉強になっています。
また、アートグループのブランド力や総合力は、お客様やマンションの管理人さんにも、「ああ、あのアート引越センターさんの!」と、おっしゃっていただけることが多く、知名度の高さを実感します。

本ページの情報は、2020年2月現在の情報です。

社員紹介

社員紹介1

将来、街のランドマークとなるような
マンションを創りたい

住宅事業部門 / マンション事業部開発事業推進部

尊敬している上司がいて、1日でもはやくできるだけ追いつきたいと思っています。そのため、今は上司の仕事ぶりをそのまま全て真似ることから始めています。

社員紹介を見る

関係を深めて、信用を得ていく

住宅事業部門 /リノベーション事業部

わからないことがあれば、些細な事でも上司や先輩に聞くようにしています。経験や実績が豊富な先輩と自分との答え合わせを繰り返すことで、正しい判断ができるようになると考えています。

社員紹介を見る

社員紹介2
社員紹介3

知らないからできないと
決めつけるのはもったいない

住宅事業部門 / リノベーション事業部

住宅や建築のことに携わったことがないからできないと決めつけるのはもったいないと思うので、興味がある方は、ぜひこの仕事にチャレンジしてほしいです。

社員紹介を見る