カサーレ八戸ノ里 ファーストプレイス

DESIGNデザイン

Premium Residence
洗練を極めた、比類なきレジデンスとして。

Facade

街の風景まで上質に変える、新しいランドマークを目指した佇まい。

「カサーレ八戸ノ里 ファーストプレイス」の外観デザインには、
人でにぎわう駅前からの視線を意識し、この地の新たなランドマークとしての誇らしさを纏わせています。
そのフォルムは周辺の街並みの中でもひと際高く空にそびえ立ち、
スタイリッシュさの中にも落ち着いた存在感を漂わせながら、美しく、穏やかな表情で行き交う人々を魅了します。

外観完成予想図
  • Material

    建物全体にリズム感を演出し、
    優美な建築美を際立たせるマテリアル。

    ベージュとダークグレーのタイル、バルコニーのガラス手摺やホワイトの床スラブなどによって、建物全体にリズム感を演出。外観デザインから共用部、専有部などの空間を構成するマテリアルへのこだわりを徹底し、それぞれの質感や風合いに加え、細部の意匠に対する卓越した感覚、行き届いた審美眼を駆使することで、洗練された建築美を造り上げました。

  • Design

    株式会社TOKI設計
    代表取締役 鳴戸 元基

    本件の設計においては、駅前や都心とつながる利便性を最大の魅力とするこの場所だからこそ、暮らしのステージとしての落ち着き、閑静さにこだわりました。前面道路(八戸ノ里商店街)から大きくセットバックさせて回廊を創り、豊かな植栽を配して別世界を演出するとともに、線路への緩衝帯として北側に駐車場をレイアウトするなど、心地よく暮らしていただけるよう配慮しています。

Entrance Approach

回廊のようなゲートが迎える、
寛ぎの予感に満ちたエントランスアプローチ

エントランスアプローチ完成予想図

Entrance Hall

凛とした上質感で包み込み、
懐深さで迎えるエントランスホール。

住まう方、訪れる方を凛とした上質感で包み込み、私邸領域へとエスコートする歓待の空間。
ここを通るたびに誇り、歓び、感動で心満たしてくれることでしょう。
フロアにはエントランスアプローチと同じマテリアルを採用し、黒のラインを際立たせて回廊風のイメージと連動させることで、
外部と内部のつながりを演出し、穏やかな安らぎに包まれます。

エントランスホール完成予想図

Landplan

二面接道の敷地を最大限に活かしたランドプラン。

住まう方々が毎日行き交い、顔を合わせ、心地よい交流を育むパブリックゾーン。
暮らしの舞台となる敷地の条件や形状、共用スペースの使い勝手等は大切な要素となります。
「カサーレ八戸ノ里 ファーストプレイス」では利便性の高い立地はもちろん、
ランドプランのゆとりや機能面、安全面などにおいても“住まう方ファースト”を心がけています。

Planting

種類や開花期などを考慮した植栽プラン。

充実の植栽計画を実現。それぞれの色合いのバランスや開花期間のライトアップの際の見え方などを考慮しながら樹木や草花をセレクト。
豊かな植栽ゾーンが近隣街区との緩衝帯となることで日々の暮らしに落ち着きをもたらしてくれます。